ネイリストは資格が必須?

仕事を始める際には、その職業に見合った資格を取ることが大切であることも少なくありません。
ネイリストを目指している人たちの中にも、そういった思いを抱いている方がいることでしょう。
今回はネイリストと資格の関係について詳しくご紹介します。

結論から述べてしまうと、ネイリストには必ずしも資格が無くてはいけないという職業ではないのです。
医師や弁護士のような免許制度ではないため、
資格がない人が施術をしてしまうと法令違反で罰せられるということもないのでご安心ください。
実際のところ、ネイリストとして活動をしているけれど資格を持たずに活動しているという方がいたとしても問題ありません。

ただし、それはあくまでも制度上の話であることを覚えておきましょう。
実際に皆さんがネイリストを雇う立場であると仮定してみてください。
選考対象となる人たちの中に、資格を持っている人とそうでない人がいたとき、
皆さんだったらどちらを採用するでしょうか?
多くの方が資格を持っている人の方が自分にとって役に立つと考えると思います。
現代のネイリストにとって、無資格であることは大きなハンディキャップになってしまうのです。

この点は、ネイリストという職業が世間に広く知られるようになったことも影響していると考えられます。
どういうことかというと、より重要な職業になるほど
その職業人に求められるスキルや知識は高いレベルになり、
必然的に業界内で競争が発生するという原理に基づいているのです。

まだネイリストという職業が一般的でなかった時代であれば、
単にネイルアートが上手い人がネイリストとして活動する余地がありました。
しかし現代においては、ネイリストになりたいという人が数多く存在し、その大多数が資格を有しているのです。
そんな中で無資格の方が働こうとするのは、準備運動もトレーニングも無しにフルマラソンを完走するのと同義といえます。

すなわち、現代において資格を持たずにネイリストを目指すのは
大変な準備不足であると指摘されてしまうのです。
こういった事情からも、ネイリストを目指す際にはまず資格を取って、
即戦力としてネイルサロンやその他の施設で働けるように自分の知識や技術を高めておく必要があるといえます。

資格には多くの時間や労力を割かなければいけないのですが、取得した分だけ皆さんのプロフィールに箔が付きます。
資格を取得することで技術や知識に関する自信を得られるのも大きなメリットです。
ネイリストとして認めてもらうためにも、資格取得のための努力を惜しまずに時間を使っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA