ネイルアートで用いる道具

ネイリストという職業に興味がある、もしくはネイルアートを試してみたいけれど、
実際にネイルを飾り付けるには何から始めたら良いかわからないという人もいることでしょう。
どんなに優れたネイリストでも、ネイルアート初心者だった頃が必ずあります。
それを乗り越え、勉強や経験を重ねて、ネイルサロンなどで働くネイリストになることが出来るのです。
そこで今回は、ネイリスト入門の初歩である、ネイルアートに用いる道具について詳しく見ていきましょう。

ネイルアートを施す際には、最初に必ず爪のケアから入ります。
爪の生え際にある甘皮を取り除き、爪の表面を磨いておくことで、ネイルアートのノリも良くなるのです。
こうしたケアのために使う道具をプッシャーと呼んでいます。
棒状のこの道具は、両端の器具を使い分けて甘皮を指から浮かせ、剥がすという作業に向いています。
これを上手く使いこなすことで、ネイルアートの美しさをより一層引き立たせることが出来るのです。
最近のネイルアートではジェルネイルというタイプを 選択する女性も増えてきました。
マニキュアよりも分厚く盛れるジェルネイルでは、特殊な道具をいくつか利用します。

その筆頭がUVランプです。
ジェルネイルではベースジェルやカラージェル、
トップジェルといったいくつかのジェルを爪に載せて、
ストーンやラメ、ビーズで飾りつけするという工程を経るのが一般的です。
このときジェルの早く固めるために、紫外線の光が必要になるのでUVランプはネイリストの必需品ともいえるのです。
皆さんの爪にネイルチップと呼ばれる作り物の爪を接着させるという施術を、ネイルサロンでは行っています。
このとき、ネイルチップと皆さんが持つ生の爪をくっつけてくれるのがネイルグルーと呼ばれる接着剤です。

ネイルに関する情報が満載の NailistJob【ネイリストジョブ】のウェブサイト

ただし、接着したら二度と取れないということはなく、
ジェルリムーバーという溶剤で丁寧に洗えば落とすことも出来ます。
ご紹介したような道具はネイルサロンなどの専門店でも販売されていますし、
化粧品販売店でも見受けられます。
最近ではインターネット販売などでネイルアート入門キットも購入可能なので、
ネイリストになる前にネイルの道具を揃えておきたいという方はそちらをご利用いただくと良いでしょう。

ネイルアートはプロだけのものではありません。
気になったからやってみたいという思いをきっかけにネイルアートに嵌り、
そこからネイリストを目指すのも人生という道筋における一本の岐路です。
ネイリストという言葉に少しでも興味を抱いたという人は、ネイル道具を手に取り、自分の爪を飾ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA